国際救命救急協会

韓国の救急医療体制を視察

韓国・高陽消防署および明知病院応急医療センターを視察(2015年12月22日)

国際救命救急協会韓国本部の孫相哲本部長(国民大学主任教授)によって、日本総本部理事陣の韓国の救急医療体制視察ツアーが開催されました。

①京畿道北部消防災難本部高陽消防署(高陽市)救急隊および救助隊の視察

高陽消防署は人口約38万人をカバーする消防署です。日本と同じく消防・救急・救助を一手に担っています。今回は、まず救急隊を視察しました。救急隊は、日本の救急救命士に相当する「応急救護士」が乗務しており、一級応急救護士と二級応急救護士の階層にわかれています。高陽消防署救急隊は、明知病院救命救急センターによるオンラインメディカルコントロール(スマートフォンとウエラブルカメラを用いる)がなされており、難治性心室細動患者に対するアミオダロン投与の実証研究が行われていました。救助隊は、救助工作車一台と救急車一台で編成されていました。装備等は日本と同様でした。

②明知病院応急医療センター

明知病院は、学校法人明知学園 関東大学校医科大学附属病院です。日本の救命救急センターに相当する「京畿道西北部圏域応急医療センター」に指定されています。韓国には20箇所の応急医療センターが整備されています。また、小児救急医療センターも併設されています。

金センター長(救急医学教授)にご案内いただき、センターを隈なく案内していただきました。センター内の設備のみならず、大規模災害時の派遣車両や心肺蘇生法講習会のための車両などが国家予算で配備されていました。

視察の全行程に渡って調整・ご案内いただいた高陽消防署 朴安全官、お忙しい中ご案内いただいた明知病院応急医療センター金教授、そして韓国本部長の孫教授には本当にありがとうございました。